タグ検索:凍結防止対策

三友LPガスをご利用頂いているお客様へ、下記の凍結防止対策をご案内させて頂きます。
今後のご参考になれば、幸甚に存じます。どうぞ宜しくお願い致します。

※ 下記1、2、の対策についてご不明の方は、弊社担当までお問い合わせ下さい。

1. 給水側の水道配管、凍結防止対策
① それぞれの蛇口(水栓)から、少量の水を流しておく
 (1) 極端な気温低下が予想される場合、お風呂場や台所(お水側)の蛇口をわずかに開き、少量の水を流す。
 (2) 少量の水の目安は、水の太さ約4mmで、1分間に約400ccを流したままにする。
 (3) 水の流量が不安定になる事があるので、約30分後にもう一度確認する。
 (4) 外気温が0℃以上になるまで、流したままにする。
 (5) 流す水は、大事な資源です。バケツやバスタブなどに貯め、別にご利用下さい。



② 屋外の水道管、水道メーターボックスに、保温材・毛布・タオル等を巻き付けておく事で凍結予防になる
 (1) 屋外で日が当たらない場所などのの蛇口(水栓)、水道管などには、毛布・タオル等を巻き付けておく。
 (2) 保温した毛布、タオル等に水が掛かると、保温効果がなくなる為、ビニールなどを掛けておく。



2. 給湯側の水道配管、凍結防止対策 ※(ガス給湯器で沸かしたお湯に使用する配管を限定)
① 給湯専用ガス給湯器(下記の(1)~(3)の順に行う)
 (1) ガスの元栓を閉める。 ※給湯器の電源プラグは、抜かないで下さい。
 (2) 給湯器のつながっている、お風呂、台所、洗面所等、いずれかの(お湯側)の蛇口から、下図の通り水を流す。
 (3)少量の水の目安は、水の太さ約4mmで、1分間に約400ccを、外気温が0℃以上になるまで、流したままにする。
  ※サーモ付混合水栓の場合は、レバーを最高温度の位置に合わせる。
 (4) 水の流量が不安定になる事があるので、約30分後にもう一度確認する。



② ふろ自動給湯機能付きガス給湯器の場合
 (1) 上記2.①の通り、給湯専用ガス給湯器の場合と同様のことを行う。
 (2) お風呂では、下図の通り、浴そう内の循環アダプター上端より、5㎝以上水を貯めておく。
 (3) 外気温が下がると、ポンプが自動的に浴そう内の水を循環させ、凍結を予防する。



3. 問合せ先 防府市新田字西中ノ町166番地
 株式会社 三 友 防府市指定水道工事業者
 ☎ 0835‐23‐6331 地区担当 岩本、中川、木村、柏木、西村、圖司、原田、田中


三友LPガスをご利用頂いているお客様へ、凍結防止対策をご案内させて頂きます。
今後のご参考になれば、幸甚に存じます。どうぞ宜しくお願い致します。
凍結防止対策についてご不明の方は、弊社担当までお問い合わせ下さい。

※画像が小さいので、左のテキストを拡大(クリック2回)して見て下さい。


株式会社三友 物資事業部の記事一覧

カテゴリーリスト

お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 8:30〜17:30)

0835-23-6331